OUR SKY LINKS WITH THE NAGAI SKY

セレッソ大阪ユースカテゴリを応援するページ!

【スポンサー】尾上製麺所

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本クラブユースの試合結果

2006年7月30日(日) 10:30キックオフ
場所:Jヴィレッジ

試合終了

セレッソ大阪U-18 1-5 ジュビロ磐田ユース
       前半(0-4)
       後半(1-1)

【セレッソ大阪メンバー】 ( )交代
■GK=堀ノ内
■DF=中東、畑、桂田
■MF=面家(扇原)、山口蛍、井戸(宮山)、市川、丸橋
■FW=山口健太、赤堀(永井)
スポンサーサイト

コメント

達也。

コメントありがとう。
大会期間中、君から笑顔が消えていて凄い気にしてたんだ。でも全力を出し切れて良かったね。悔しい結果に終わったけど、次に繋げればそれはそれでエエんやと思う。

で、頼みがあるのだが・・・第二戦のジュビロ戦でアシストを決めたジュビロの選手が俺達の方を見て「ニヤッ」と笑いやがった。もうそれが悔しくて悔しくて...。
だから、サハラでジュビロと対戦する時に達也がゴールを決めてジュビロの親御さんに達也の最高な笑顔で同じ思いをさせてくれ!頼む。

なにわともあれ、お疲れ様でした。
今はゆっくり休んで下さいね☆

お疲れ様でした

選手、ご家族の皆様、本当にお疲れ様でした。
また最終日となってしまった3日目に行かれた同志もお疲れ様。
それぞれの思い、それぞれに消化できたんじゃないかな、と思ってます。(消化不良もございましょうが)
とにかくこのことを糧にして、次の大会を取りにいくしかないと。
頑張ろう。
達也、見守るどころの騒ぎじゃなくなるよ☆

お疲れさまでした

遠く福島まで観戦に来られたご父兄の皆様、そして全力で戦った選手達、本当にお疲れさまでした。
残念ながら結果を残すことはできませんでしたが、この大会を通して得た様々な経験は、これから先、きっと選手達の力になると信じています。
私達には選手を応援することしかできませんが、一つでも多くの試合を訪れ、彼らの成長を見届けていくことができれば、と思います。

最後に達也、お疲れさま。
今はゆっくり休んで今大会の疲れを癒してください。
次のJユースカップで大暴れしてやろうぜ!

たった今帰宅しました。
様々なことがありましたがこの大会を終えて自分の中で
なにか一区切りを付けることが出来たと思います。

大宮戦前後に選手や監督と話したこともご報告したいのですがその前の件同様に軽々しく一般公開はしたくありません。
選手やスタッフが私たちに話してくれることは両者の信頼関係の上に成り立つものだと私は考えていますので。

親御さん間の連絡網などがあればそこでFAX等で回覧していただくことも出来るかも知れませんが…
同士たちとも相談のうえで考えてみようと思います。

しかしこれからこのチームはますます良くなっていくと確信しています。
八月には練習試合も多数組まれているようですのでまた様子を見に行きたいと考えています。

選手のみんな、そして親御さんたちに心の底から感謝の気持ちとともに「おつかれさまでした!」

それと達也もう泣くなよw

お礼m(_ _)m

サポーターの方々、父兄の方々、応援ありがとうございました。残念ながら結果は出ませんでしたが、全力を尽しました。この経験を生かして今後に繋げていきます。本当に遠い所までありがとうございました。これからも見守ってて下さい☆

サポーターの応援団様。

コメントありがとうございます。
そして、お久しぶりです。
卒業生の親御さんからコメント頂けるのはとても光栄です。

プロを目指す上で第一に『実力』、本来はまさにその通りなのですが・・・今回は明らかに事情が違いまして...。
現地に居る者にしかわからないような不可解な部分が多かったのです。

ぶっちゃけて言いますと、その事の状況などを書いたレポートは完成しているんですけど、内容は選手の親御さんやサポーターの応援団様のようなセレッソのユースに携わった方のみに読んで頂きたい物になっているので一般公開は出来ません。
どうすれば良いか悩んでるところです。

今日、Jヴィレッジに行った人からの情報によりますと状況は改善されつつあるそうです。
セレッソU-18のクラ選は終わってしまいましたが、Jユース杯&高円宮杯(私はまだ諦めていません)に向け、中3も含めた全選手によるポジション争いが全力で行われるのではないでしょうか。

 昨年までセレッソユースにお世話になっていた子供の父兄として一言・・・セレッソユースの指導陣に「子供の気持ち」「子供の将来」等を期待しすぎると今回のような事に対しては「失望」と「批判」しか出てこないと思います。やはり親子で「プロ」を目指しているのであれば第1に「実力」が問われます。また、指導陣にも育成という「実力」が問われる訳です。特に大学進学を考えている3年生とご父兄にとってはこの夏休みが大切な時期です。昨年の例から言うとチームとの面談・懇談は10月です。それから大学進学の行動をとっても希望通りになるかは疑問です。ただ、今年から提携大学があるという環境は整っていると思います。余計なお世話かも知れませんが、参考になればと思いメールさせて頂きました。

ぬるぼのメンバーの更なる活躍とユースのメンバーの活躍とケガの無い事を祈って!!

当サイト共同運営者の藤畑です。


まず、現地に居てた者として親御さん達にお詫び申し上げます。


2連敗、本当に悔いが残る結果とチーム状況になってしまい『サポーター』として現地に行ったはずなのに何一つ選手達の力になれませんでした。
誠に申し訳ございません。深く反省しております。


コメントを頂いている件ですが、私達も全く同感です。
試合後直ちに、監督・育成スタッフには改善要求を伝えました。
今は一刻も早く現状を正しい姿に戻してくれる事を心から願うばかりです。


それと、出場した選手達に非はございません。
彼達は試合終了のホイッスルが吹かれるまで1秒たりとも気を抜かず誇りを持って全力で戦っていました。

今回の件を教訓としてこれまで以上にスタッフ・選手・父兄・サポーターが一つになれることを心から期待します。
これからもより一層のご支援をお願い致します。

はっきり説明してほしい

これでは 来年ユースに息子をたくせません。

同感

同感です。プロの養成機関だから力ある者が・・・といわれれば素人としては反論できないけれど・・それだけで片付けてもらっては・・・悲しすぎる。彼らは約3年前貴方達指導者が多くの入団希望者から選んだ選手なんです。そんな彼らをこの大会でピッチに立たせてやれないのは、選ばれし者の力もあるでしょうが指導者の力もおおいにあるでしょう。反省すべきです。そして彼らの将来にもっと責任をもってやるべきです。彼らはこれからの人間なんですから・・・決してこの3年近くプロになるために努力をしてこなかったわけではないはずです。こうしてコメントしていてもプロの世界ですと力の世界ですといわれるんでしょうが・・・・

こんな選手の起用方法でいいのか?

 中学生、高1を多数起用して結果を残せないなか、3年生の進路をどう考えているのか。スポーツ推薦を狙っている子もいるはずだ。プロではないのだから、同じ実力なら3年生を起用すべき。高校生である本人の将来をもっと親身に考えて欲しい。そう思いませんか。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fuppan.blog14.fc2.com/tb.php/155-fd75cccd

どん底

06/07/30 クラ選グループC第二戦 ジュビロ磐田戦強風の中降り続く冷たい雨チームの混乱不安そうな表情のスタメン選手チーム内の温度差…

 | HOME | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks


セレッソ大阪オフィシャル


JFA


Jリーグ


大阪クラブユースサッカー連盟


関西サッカー協会


大阪サッカー協会


関西クラブユースサッカー連盟


日本クラブユースサッカー連盟

Appendix

fuppan

fuppan

バナー
↑リンク用バナー。
ご自由に御使い下さい。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。