OUR SKY LINKS WITH THE NAGAI SKY

セレッソ大阪ユースカテゴリを応援するページ!

【スポンサー】尾上製麺所

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セレッソU-18OB『森本 一樹』選手、ジェフリザーブズ入団のお知らせ

セレッソ大阪U-18、2004年度卒業の『森本 一樹』選手がJFLでJ1千葉の下部組織であるジェフリザーブズに入団しましたのでお知らせ致します。

JFL公式、ジェフリザーブズメンバー表がこちら
186cmという恵まれた体格で圧倒的な対人能力を誇ったユース時代。
同志社でも常にレギュラーで出場し、昨年のデンソーチャレンジカップ、関西選抜Aチームにも選出されました。
そして特筆すべきはその頭脳。相手攻撃陣を封殺する術を知っている動きはまさに守備の司令塔。
と実力は折り紙つき。
是非セレッソに戻ってきて欲しい選手でしたが、まずはJFLからより一層腕を磨く道を選んだようです。

目指せトップチーム! 頑張れ森本選手!!

(文:kazu-p)
スポンサーサイト

コメント

NO18様
コメント、本当にありがとうございます。
思いが強すぎてここでは書ききれません(笑)
ただ一つだけ。
>「横浜まで駆けつけてくれてはるサポーターのためにもいい試合をして終わりたい」と挑んだ
当時の自分のBlogに書いたんですが、これ、むちゃくちゃ伝わってました。
お礼を言うのは俺たちのほうです。
ありがとう。
そしてこれからも頑張って下さい!

NO18様

コメントありがとうございます。
色々とホメてくれてありがとう(笑)

でも、当時の君達の熱くサッカーに打ち込む姿が無かったら今の私もいなかったんですよ。きっと。

横浜の小机競技場の最終戦では無茶苦茶泣きました。君が『3年だけで挨拶しようや』と言ってくれたのも覚えています。
当時は『これで終わってしまう』と思ってた。
でも大学で活躍する君達の姿を観て、今は『いつかはまたセレッソで』という気持ちで君達や君達の後輩をあの時と同じ『温度』で応援しているつもりです。
当時、君達に向けて出したメッセージ幕を覚えていますか?

『共に闘った日々、誇りを胸に・・・』

ずっと君達がセレッソのエンブレムを付けてプレーしていた日々を誇りと思っています。
その中には勿論、今年のJユース杯決勝のスタンドで共に闘えた日の事も刻まれています。

また、いつか共に闘えると良いね!

でも、その前に所属したジェフリザーブズにも熱いサポーターが居てるのでその人達に愛され、その人達が望むであろうトップチームで活躍出来るように頑張って下さいね。

俺達は南津守で長居スタジアムでいつまでも君が帰ってくるのを待っているので...。

2002年から2004年までセレッソ大阪U-18でプレーさせてもらいました。



当時を振り返ると、

辛い出来事や悔しい思いをしたことの方が鮮明に記憶されていることに気がつきます。



入団当初12人いた同級生は最終的に6人になりました。


古巣のガンバには見返したろと思いながらも、公式戦では勝てませんでした。


試合に出られないことが多かった1、2年生の頃。
ベンチにいても学ぶことがあると前向きに考えてみるもののやっぱり耐え難いものでした。

また、3年生になっても監督とよく衝突してました。


フィジカル練習や合宿は本当に地獄でした。

スパイクを履かない日もあり、
「セレッソ大阪陸上部やん」とみんなでよく言うてました。。。

自分はスタミナがなかったので特に苦労しました。

唯一、みんなが苦労する中で活躍できたのは食事のときです。
このときだけは自信をもってプレーしていたように思います(笑)




ちょっと思い返しただけで、これだけのエピソードが出てきました。


もっといい話あるやろ!?と突っ込みたくなるところです。

ん~(熟考)

ほとんどないですね(笑)





ただ、こんな自分が今でも誇りに思っていることがあります。


それは、「セレッソ大阪のサポーター」のみなさんに応援していただいたことです。


Jヴィレッジにわざわざ足を運んでまで、声援を送ってくださったことももちろん印象深いんですが、


自分にとって、
事実上、消化試合となり、自分たちの引退試合となったJユース最終戦、アウェイでのマリノス戦での熱い応援は深く心に刻まれました。


「横浜まで駆けつけてくれてはるサポーターのためにもいい試合をして終わりたい」と挑んだんですが、結果は大敗。


試合後の変わらぬ声援に、悔しさと誇らしさで涙が止まりませんでした。

当時の3年生全員で挨拶に行ったことやそのときの激励は今でもはっきり覚えています。

最後の「森本コール」は一生忘れることはないと断言できます。

あのときの6人は、最高の幸せ者でした。





「セレッソ大阪のサポーター」は日本一です。

自分に言われても何の得もないですけど、間違いなく日本一です。




大学に行っても気にかけてもらってることを知ったときはありがたい気持ちでいっぱいでした。


昨年12月、Jユース決勝を観に行きましたが、そこには昔と変わらないサポーターの熱い姿がありました。
進路の決まっていなかった自分にとって、どれだけ励みになったかわかりません。




残念ながらJリーグでプレーすることはできませんが、これからも向上心をもって一生懸命頑張ります。

もう一度、最高のサポーターの前でプレーすることを願っています。



長々とつたない文章で申し訳ありませんが、どうか多めに見てやってください。



















直接関われた期間は短かったですけど、U-18の試合観戦に本腰を入れ始めた世代だけにうれしいですね。
今でも4人で行ったJヴィレッジは忘れられないです。

彼は性格的に凄く真面目で優しい。しかし、その優しさがサッカーをするには少し邪魔かなぁと思っていましたが、彼なりに一つの結果が出たようでなによりです。
サッカーを続けていれば、いつか会える機会があるでしょうしこれからが楽しみですね。

ジェフリザーブスで結果出して、セレッソに戻ってきませんかねぇ?

共同管理人の藤畑です。
コメント誠にありがとうございます。

大学に入ってからもOB達の動向には注目していました。2回生の時に大きな怪我をしたそうですね。
彼の潜在能力からして試合に出てないのはオカシイと思っていたのですが、一昨年、去年と彼と直接話をさせて頂きようやく理解出来ました。
サッカー選手としてだけでなく人としても素晴らしい性格の持ち主なので成功者になって欲しいと心より願っております。

当時の様子を覚えてて頂きホントに嬉しいです。
私達にとって本格的なスタートになった1年でしたので当時の事は忘れられません。あの時、日帰りでしたが思い切ってJヴィレッジに行って良かったと思います。

大学よりも観戦する機会は減ってしまうとは思いますが、いつまでも『森本一樹』の人生を応援しています。
今後とも宜しくお願い致します。

共同管理人のkazu-pです。コメントありがとうございました。
実はここ何ヶ月か進路が気になって毎日検索かけてたんです(笑)
僕にとって森本君、そしてその世代の選手たちには特別な思いがあります。
初めて行ったJビレッジ、当時世代別代表常連だったマリノスのマイクハーフナー選手を押さえて互角に渡り合う姿を今でも覚えています。
JFLとは言えJの下部組織、きっときっとJのスタジアムで会うことができると楽しみにしております。
例え味方でも敵でも(笑)僕は森本君のファンなので。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fuppan.blog14.fc2.com/tb.php/897-b4b7600a

 | HOME | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks


セレッソ大阪オフィシャル


JFA


Jリーグ


大阪クラブユースサッカー連盟


関西サッカー協会


大阪サッカー協会


関西クラブユースサッカー連盟


日本クラブユースサッカー連盟

Appendix

fuppan

fuppan

バナー
↑リンク用バナー。
ご自由に御使い下さい。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。